<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

希望家族の募集!!

親子が人と触れ合い、歴史・文化・

                                  食の共通体験を!!

問合せ先】

 信州沖縄塾
 e-mail:soj@ued.janis.or.jp

 

お知らせ | この記事の固定リンク |

未来を託す君たちへ!

                      信州沖縄塾共同代表 塾長 伊波 敏男           

 

■信州沖縄塾開塾から15

  沖縄問題を学び、知り、それぞれが自らの課題として考えよう、そして、自分ができることから足を踏み出そうとの呼びかけで開塾されてから、今年で15年を迎えるようになりました。 

  長野県民にとって沖縄は遠い地にあり、いつかは癒しを求めてみたい、遠い南の島にすぎません。しかしながら、沖縄の県民は一時も癒されることはないのです。米軍基地被害に日々あえぎ、日本国の安全保障のために、72年前から引きつづき、新たな「戦争へ備える軍事基地という重荷に背負わされたままです。まさに、尖閣列島問題や北朝鮮によるミサイル発射や核開発問題が起きると、いち早く「戦争」を実感させられる地域です。しかしながら、この現状を長野県民はあまりに知らされていない。沖縄にかつて1,300発の核弾頭がいつでも発射できる状態でON状態であったことや、その核ミサイルの一基が誤発射され、那覇沖であわや核爆発によって、地球上から沖縄が消えたかも知れない危機に直面していたことも、私達は今年になって知らされる始末です。また、沖縄の米軍基地の「核ミサイル」についての存在は、「安全保障上の理由から、その有無について明らかにしない」と、日米政府は答えています。

  日米安保体制はわが国の安全保障にとって、多くの国民が必要だとしているが、その人たちの頭には、日々、いつ落ちてくるかも知れない米軍機や米兵・軍属による犯罪被害におののいている沖縄県民の日常生活へ危機感は、すっかり抜け落ちているのです。 

「長野県民は沖縄の実態を知らされていない。沖縄県民の悲鳴が届いていない」沖縄の現況を知らせたい。このことが信州沖縄塾開塾の契機となったのです。

  今年の8月で塾生が130名、協力者を含めると200余名の方々が参集する、沖縄関連問題に特化した学習市民組織になりました。

この間、沖縄からお招きしたゲストは約60名に上り、講演会や学習、報告書の刊行、また、塾生による自主講座と映画の自主上映会、保有する沖縄関連DVDを活用する定期的なDVD上映会、文化・芸能公演や料理教室なども企画し、文化側面からの情報提供にも努めてきました。

  特筆すべ活動として、松川村立松川中学校三年生発行の『沖縄新聞』触発され、20101021日、信濃毎日新聞紙に意見広告『この豊かな海を戦争のための基地にさせない!』の募集に取り組み、わずか75日間の短期間にもかかわらず、賛同者数4,366(内匿名希望者561)から514万円の浄財が寄せられ、二日間にわたって信濃毎日新聞紙面を飾ることができました。また、数次の沖縄連帯ツアーを組織するとともに、塾生各人が足しげく普天間・嘉手納・辺野古・高江に出むき反対闘争に参加してきました。その結果、沖縄の反基地闘争に参加されている皆さんには、信州沖縄塾の認知度は高く、親密感をもって迎え入れてくれるまでになりました。

  しかしながら、この頃、信洲共同代表塾長として、ある危機感を覚えるようになりました。それは集会で出逢う皆さんが高齢化層に固定化していることです。この国の現状に危機感を持ち、この国の未来の在り方を考えようとしている活動にも関わらず、この国の未来を背負うべき若者世代の参加者は数えるほどしかありません。

   信州沖縄塾の組織も同じ組織状況にあります。若者世代の入塾者が少ないのです。現塾生たちの問題意識と気力は旺盛ながら、これまで次々と新しい企画を立て、活力に満ちた行動力には、少々息切れが見えるようになりました。

 このような組織状況もあり、これまでのような企画や市民運動方法では、沖縄問題から提起している「平和立国日本」を目指す次世代の育成は、到底、応えられそうにないのではないかと危機感さえ覚えます。

近隣諸国とわが国をめぐる関係は、近年、特に緊張状況下にあり、安倍政権は衆議院選挙の余勢を振りかざし、一気に平和憲法が持つ基本理念の壁を切り崩しにかかろうとしています。アメリカのトランプ政権の尻馬に乗り、北朝鮮の核開発とミサイル発射には、Jアラートを鳴り響かせて、国民の危機意識をあおり、防衛力強化と日米安保の必要性に世論を誘導しています。それに乗ずるように、南西諸島では国境警備強化を大義に掲げ、新たな自衛隊基地の建設まではじめています。

 現在、日本国の政治方向を隠然と牽引しているが「日本会議」という政治集団です。この組織は、当初は右翼的学生組織として出発し、成長の家、神社本庁の財政支援を基に、皇室をヒエラルキーとする帝国日本国への復古を目指す政治組織です。「日本会議」は、長期的戦略で人材育成をしてきました。今では、「日本会議」メンバーでなければ、保守政治の首長、地方・国政の議席を得ることができないほど日本の政治に影響力をもつまでになりました。このままでは、この国の未来に取り返しのつかない結果を招くのは間違いありません。

  それでは、私たちはなす術もなく、安倍自公政権の暴走に、ただ、手を拱いているだけでいいのでしょうか? 今、なすべきことは何か? 「日本会議」に負けない人材育成、特に未来を託するのにふさわしい若者世代の育成することを急がなければなりません。

■プログラム「未来を託す君たちへ」

  長期的視点に立ったこのプログラムの主命題は、わが国が二度と戦争を引き起こさせないための次世代の育成です。

戦争に一番近い沖縄県と戦争の深い傷跡を持つ長野県の未来を背負う次世代に、何を語り継ぎ、学ばせ、どのような生き方をすべきか。自分自身で選ぶ力を培わせるための「平和学習」は、どのような具体的プログラムを作成する必要があるかとの視点で作られたものです。

  さて、戦争の惨禍をくぐってきた世代は、わが国が犯してきた歴史の過ちを、次世代に伝える責任を果たしてきたのだろうか? 今のこの国の状況を顧みると、平和の尊さを子供や孫に伝えることに失敗したと言えるかもしれない。

2016年の国勢調査によれば、あの太平洋戦争と戦後の悲惨さを直接体験し、記憶に刻んでいる75歳以上の世代人口は1,269万人、人口構成比で9.98%の一桁台になってしまった。わが国の負の歴史を語り継ぐのは、ますます、困難になりつつあります。

また、文部科学省の学校教育への介入が強められ、社会・歴史教育の右傾化が強められた結果、富裕層と貧困層の乖離が明らかになりつつある、わが国の社会状況下でも、若年層は現状に満足し、この国の将来には無関心で、それどころか現状容認と保守化傾向が強められつつあります。

  その実例が、2016年の第24回参議院選挙の投票行動によれば、全有権者の投票率は 55.70%であるが、今回から18歳以上にも投票権が与えられたはじめての国政選挙にもかかわらず、18歳の投票率が51.17% 19歳の投票率は39.66%と低い。この傾向は、国家権力のタクトには無批判に「一同右向け右」の号令ひとつで、武器を手に取る危険性を示すものです。

■現地で学び合う「平和学習」を 

  「平和学習」の基本は、現地に立ち、歴史の実体験者から聞き、学ぶことが基本です。

沖縄県で学べる課題は「戦跡」があり、また、「米軍基地」が過度に押しつけられている現状があります。長野県には「松代大本営地下壕」と「満蒙開拓平和資料館」があり、両県の共通項は戦争の傷跡ですが、戦争をいつも近くに実感している米軍基地の有無では、大きな違いがあります。

  その両県の中学・高校生が相互に訪問し、「平和」「民主主義」「人権」「自然環境」を学び合うことは、次世代育成にとって益々重要度を増すものと思われます。

このプログラムの特徴は、子どもたち自身がホストとゲストという主体的役割を果たし、大人はサポートする従たる立場を堅持することにあります。また、両県には気候風土の違いがあり、それぞれの自然環境を学び合うことも重要視したいと思います。

■プロクラム実施にあたっての懸案事項

   長野県内には沖縄問題に関心を持つ市民団体がありますが、今年の8月に7団体によって「信州・沖縄ネット」が結成されました。この「未来を託す君たちへ」のプログラムを共同して取り組みたいと同ネットと沖縄の琉球・沖縄センター風プロジェクトに提案していますが、今のところ余りに大きな課題提起のため、総論賛成、各論躊躇の域を超え切れていない状況にあります。しかしながら総論賛成に希望を託し、どのような方法ならばこのプログラムの実現に具体的に取り組めるのか、まず小さく産み、大きく育てることに取り組んでみたいと思います。

  このプログラムの詳細はパワーポイント40画面で構成されており、関心お持ちの方にはUSBの提供もできます。今回の写真ページはその要約であり、会員の竹内茂人さんの協力で作成されたものです。

共催団体づくりは長野県、沖縄県とも未だ検討中であり、プログラムの具体的なアクションまでには、少しばかり猶予時間が必要です。

共催団体【長野】信州・沖縄プロジェクト

【沖縄】琉球・沖縄センター 風プロジェクト

長野では一月に、信州・沖縄プロジェクトの賛同者が集まり、このプロジェクトの実現へ

向けての検討が予定されています。当初提案では、対象者を中学二年生と限定していましたが、この対象派遣者と交換派遣数についても、柔軟に対応すべきとの意見が寄せられており、検討課題となっております。

■プログラムの内容と課題

【派遣対象層と派遣人数】

中学生を中心に、毎年5人の相互派遣。

【派遣時期】

沖縄県➟春休み期間➟スキー・松代大本営地下壕の入壕可期間。長野県➟夏休み期間➟海。

【募集方法】

基本テーマの作文による公募選抜とする。

【ホスト・ゲスト】

派遣対象者が主体的役割を担い、それぞれホストの役割を果たす。

案内学習地の事前学習と資料の作成。資料作成について大人はサポーターに徹する。

【プログラム実現のために】

告知方法地元紙・インターネットの活用。

【事務局体制と派遣費用基金づくり】

専任事務局体制と派遣費用の基金づくり。

【帰郷後の報告】

派遣者の報告➟地元紙・インターネット。報告会の企画。

【共催団体の募集】

長野県➟信州・沖縄ネット・他の共催団体の募集

沖縄県➟琉球・沖縄センター・他の共催団体の募集

【地元紙の共催】

信濃毎日新聞、長野市民新聞、市民タイムス、中京新聞等。

 

 以上がプログラム要項です。ぜひ、人力誌読者のご協力をお願いしたいと思います。

                20181073号 人民の力誌・新春号より転載)

 

お知らせ | この記事の固定リンク |

障がい者・辺野古のつどい

★連絡先/田丸 正幸 〒905-1204 東村平良426-1

 TEL/080-6498-0414 E-mail/mt0414mt@ezweb.ne.jp

 

お知らせ | この記事の固定リンク |

ブッロコリーの森から

■2017年9月23日 160
 9月17・20日高江に行った。
 防衛局が9月に終了とされている。G地区への進入路の工事はほぼ完成らしい。20日久々に作業員への工事阻止の活動を行った。今日も超早朝から多くの有志が参集した。作業員の動きは遅く、数も半分ぐらいに減っているように感じた。この工事は終わりが近いのかもしれない。私はG・Hゲートの前にいた。いつも通り作業員たちはなんて手かに分かれ高江橋の近くから入ったりしながら、G・Hには3名の作業員が姿を現し、強引に脇道から入ろうとしたが、依然作業員が入って行ったその入り口は海兵隊の名でロープが張られ侵入し難くなっていた。結局少し離れた脇の草むらから入っていった。また、高江橋とG・Hゲートをウロウロした作業員の別のグループは結局高江橋あたりから入った。
 G・Hゲートの前には一時交代要員の民間警備員40名がずらりと1列に並ぶ異様な光景が出現した。ここだけにこれだけの帝国警備の警備員、N1にも同様にアルソックの警備員が、N4にも数名の警備員が24時間いる。民間人に守られ、機動隊が出動しなければできなかった工事がどういうものか、沖縄に寄り添うという言葉の空虚さをまざまざと見せつけられる思いだ。その費用は全て日本人の税金で賄われている。
 朝4時から集まり始めた有志は9時に解散した。工事も9月で終わりではないだろうが、ヘリパッドが完成して残されるのは、更なる環境破壊と、事故による水がめ汚染の恐怖と、騒音・事件・事故による住民の苦痛だ。北部訓練場の全面返還・全基地撤去の日まで諦めることなく頑張りましょう。

お知らせ | この記事の固定リンク |

ブッロコリーの森から

 ■2017年9月2日(土)159
 8月25日から31日まで高江に行った。早朝の作業員への説得活動である。今回はG,Hゲート前でも座り込むという行動もした。超早朝、25日から日曜を除き6日連続という負担の大きい行動であり、参加人数も10名から30名位ですがそれぞれ出来る限りの力を尽くして頑張りました。建築設計のコンサルタント会社も確認されました。これから設計し直す部分もあるようです。

 9月までと言っている防衛局の説明も怪しいものです。私は集落入口で立っていました。高江住民の方からは不審げに見られた面もあったかと思いますが、こちらの趣旨を理解し、「私は那覇来からている。ここは県民の水瓶でもある。事故があったらどうなるのか。本格運用を少しでも遅らせたい」との気持ちを伝えると「そうだ、分かってもらえるのはありがたい」、また反対にどうせ止められないと批判的な方も「事故は起きる」と断言しています。

 県民は最近の米軍の無謀な訓練・事故には不安を募らせています。政府は高江は終わった、辺野古の工事は進んでいると県民のあきらめを狙っています。でもどうして諦められるでしょう。私たちはこの森の水で生きているのだから。早朝の満天の星空にはただただ見上げるだけ。部落の人から教えられた方向に目をやると虹が出ていた。

 

お知らせ | この記事の固定リンク |

新プログラム事業について

●新プロクラム「平和未来を託すこどもたちのために」の提案が各地ではじまりました。(USBは貸し出しできます)
【プログラムの目的】
このプログラムは、わが国が再び「戦争」という惨禍に、どうすれば巻き込まれることがないようになるか。わが国を背負う次世代がこの国が犯した過ちの歴史を学び、長期的視点に立ち、平和の国づくりの柱となる人材育成の機会を作るプログラムです。
このプログラムは、パワーポイントで作成され、ご希望者にはUSBを提供できます。各地で活用されるよう願っています。なお、琉球・沖縄センター作成のニコニコチャンネル第211回もUSBが届いております。これも貸し出し可能となりました。
以下の各地ですでに紹介活動がはじまりました。
 2017/02/16 第37回健康福祉連携事業研究会
         /06/23 信州沖縄塾
         /06/25 長野と沖縄を結ぶ会
         /07/07 琉球・沖縄センター
     /09/12 長野本願寺/人権センター
         /10/21 信州・長野ネット結成交流会
●7月7日の琉球・沖縄センターでの講演は、ニコニコチャンネル第211回で放映されました。8月15日の長野市民新聞に映像作家丸田勉さんがコラムで、 8月16日信濃毎日新聞朝刊「松代シリーズ」最終回で詳しく報道されています。

■□―――――――――――――
信州沖縄塾
e-mail:soj@ued.janis.or.jp
―――――――――――――――

お知らせ | この記事の固定リンク |

ブッロコリーの森から

■2017年8月20日(日)  158
 8月17日夜から高江に行き、超早朝の行動に参加した。夜、のんびり高江でくつろいでいると、9時前にオスプレイ2機がやって来て1時間ほど飛行訓練をしていた。ヘリ音に気づき窓から外を見ると、県道を車が走っているのかと思うほどの低空飛行だった。
 早朝行動には20名程の参集があった。何とか作業員に工事を止めてもらうように基地への出入り口数か所に散り、移動しながらの行動だった。N1表の入口で止められた作業員はなんとアルソックの車2台に送られ、ゲート前で急停止して、基地内に飛び込んでいった。民間警備員であるアルソックの職員は先週は市民に暴行を働き、今回は警備の範疇を越え工事作業員と一体化する行動をとった。
 防衛局員・機動隊がいないと彼らがその代りを果たしている。11時頃には機動隊が駆けつけ、アルソックに人間壁を作らせながらダンプ14台が基地内に入って行った。芝8台・砂?4台・不明荷1台、重機1台のダンプに作業員車2台であった。機動隊員は常駐していないが高江が平穏になったわけではない。工事は進行中であり、いざとなれば違法も無法も問わず強行する姿勢は変わっていない。

お知らせ | この記事の固定リンク |

ブッロコリーの森から

■2017年8月11日(金)157
 9日、高江に有志30名程が参集した。超早朝の活動である。今も毎日続いている工事を少しでも遅らせるため、作業員に工事を思いとどまってもらうために。N1ゲート前で体を張って頑張った仲間の一人はアルソックの警備員に2度も倒されたそうだ。機動隊が居ない時、彼らは直接暴力行為に及んでいる。ここまで彼らがする、させられるのは違法で異常だ。

 普天間所属のオスプレイが5日、オーストラリア沖で墜落、米兵3名が死亡する事故があった。どこの所属であろうが飛ぶ限り落ち、落ちれば被害を受ける危険性はどこにもある。県は飛行停止を求め、防衛省は飛行自粛を求めた。自粛で米軍機が飛ばないと思っているなら、現状認識が全く出来ていないし、分かっているけど取りあえず何らかのポーズをとってみたというなら、自国民への背信・安全放棄だろう。

 沖縄では7日から飛行した。昨年12月に安部沖で墜落した事故報告も未だない。安全のためには飛ばない以外はない。13日は沖縄国際大学にヘリが墜落して13年目となる。悲しい記念日が増え続ける。

お知らせ | この記事の固定リンク |

ブッロコリーの森から

■2017年8月5日  156
 2日、早朝に高江に行った。工事はまだ続いている。資材も重機も既に入っていたり、これから入る物もあるだろうが、確実なのは作業員が毎日入っていること。人なくして工事は進まない。今の沖縄は深夜の訓練も、住宅上空のヘリコプターの物資吊下げも、外来機・米州所属のへりの訓練も合意違反でないと米軍はいい、いくら抗議しても訊く耳は持たない。
全て例外が日常になっている。高江も新しいヘリパッドが7月11日から使われ出したが、これからヘリパッドやその周辺の道路などが整備されれば、使用頻度は増えるだろう。今できることは工事を少しでも食い止めること。
 高江の早朝行動は厳しし、多くの人が来れるわけでもない。でも、何とか個人の都合をつけ、辺野古を気にしながらも毎回20名前後が集まり、工事業者に工事を止めて欲しいと説得活動をしている。幸い、今、高江に警察は常駐していない。辺野古から警察が来るまでの間、少しは工事を遅らせる事が出来ている。毎日この行動が取り組めればいいのだが、集まれる人は限りがある。それでもできる限りの抵抗を高江でも繰り広げている。2日、作業員が全て現場に入るのは11時過ぎとなり一定の遅滞には繋がった。翌3日にはトラックや重機が10台入って行ったそうだ。悔しいがそれでも抵抗は続けていこう。
 今、沖縄は亜熱帯の果物が一番豊富な時期だ。東村はパイナップル日本一の産地。パイナップル・パパイヤ・パッションフルーツ・マンゴー、バナナやドラゴンフルーツもあるなあ。今日は何を食べようか?こんな贅沢な悩みも、ここにはある。

お知らせ | この記事の固定リンク |

ブッロコリーの森から

■2017年7月29日 155
28日高江のメインゲートで「ヘリパッドの運用に抗議する緊急集会」が11時から持たれた。暑い、遠い、辺野古も気になる、そんな状況ではあったが、150名が駆けつけた。政府は、もうヘリパッドは米軍に引き渡した、運用は米軍任せ、もう高江問題は終了、とイメージ付けたいところだが、私たちはそうはいかない。運用で生物はこれからさらに苛められ、人間の生活は不安・苦痛にさいなまれる。かけがえのないやんばるの森は死に向かって歩み続ける。高江のヘリパッドに外来種のキキョウソウという北米原産の外来種の侵入が持ち込まれたのが確認された。有銘小学校(東村の南端)でノグチゲラの死骸が見つかった。窓ガラスにぶつかり死んだとみられ、ヘリパッド建設で森林が減る、オスプレイの騒音等の環境悪化で生息域が南下していると推測される。
米軍人の引き起こす事件の47%が沖縄でであるという報告が全国の知事会議でなされた。全国でどのような犯罪がどのくらい引き起こされているのか、私たち県が知らないように、沖縄での犯罪もよほどの事件以外は知られていないだろう。酒気帯び運転などは日常茶飯事なのだ。新基地建設に反対する思いは余りにも多岐にわたっている。昨年高江で抗議活動中に、防衛局員に怪我を負わせたとして逮捕された方の判決が27日那覇地裁で出された。怪我の程度はレントゲン写真等では確認できず、「本人の希望で2週間の負傷」といういい加減さで懲役1年6か月、執行猶予3年という信じられない判決だ。
このままではますます弾圧はひどくなるだろう。だけど私たちは諦められないし、諦めない。東村の島ぐるみの方からは北部訓練場の返還後を考えている、という話も聞かせてもらった。外交・安全保障を研究する米大学のマイク・モチヅキ教授は来沖し、「これほどきれいな海を埋め立てて滑走路を作るのは残念。新基地反対運動の強行は米軍安定駐留に影響」と語り辺野古新基地計画の代替案を提言する検討会を立ち上げる考えを示したと地元新聞で報道された。安倍政権・防衛省も軋みがひどくなってきた。高江も諦めないで運動を繋げていきましょう。

お知らせ | この記事の固定リンク |