<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

全国から沖縄知事への「意見書」を提出しよう!

 

 

※上記3枚の書面はプリントアウトができます。

【今後の流れ】

(儿洪柔曾颪旅霄─縦覧は、7月中旬〜3週間

変更申請書は、沖縄県海岸防災課のホームページで公開されます。

 

お知らせ | この記事の固定リンク |

(中山吉人Facebook)

■2020.08.01
*人口100万人あたりのコロナウイルス検査数国別順位。215ヶ国のうち、156位、セネガル157位、中央アフリカ158位、ウガンダ159位、日本160位、カメルーン
*日本は清潔な国だから感染者が少ない、死者が少ないという声をラジオで聞きましたが、そもそも、検査数が少ないのです。検査をやろうとしないのです。そしてコロナ感染者数が増えつつあったにもかかわらず、二階自民党幹事長の利権で始めたGo Toトラベルが、感染拡大を促しました。安倍晋三政権はこの強盗トラブルを中止しません。
*石垣島でも感染者が出ましたが、県外からの観光客が持ち込んでいました。Go Toトラベル開始以降、沖縄に観光客が入ってきました。するとコロナ感染者が急激に増加しました。お願いですから、観光に来るのは控えてください。沖縄は消えて無くなりません。
*沖縄の米軍基地内で兵士のコロナ感染者が200人超えています。しかし、米兵は自由に基地を出て街を出歩いています。飲みに行ってます。日本政府も米軍も放任しています。
沖縄でコロナ感染者が増えている理由の1つです。
*ドイツ、イタリアの米軍基地で、米軍は沖縄のような対応はしません。ドイツ、イタリアにも地位協定はありますが、国内法が優先されています。コロナに限らず犯罪の捜査や逮捕も基本的に国内法が優先です。しかし日本は憲法の上に日米安保条約・日米地位協定があります。しかも米軍に都合の良い内容です。日本に主権はありません。つまり、日本はアメリカの植民地なのです。そして沖縄は日本とアメリカの植民地。二重の植民地支配下にあります。ですから、沖縄の人権や住民自治を蹂躙しても平気なのです。
沖縄の命も大切です。−okinawa  lives matter−
iPhoneから送信
 

お知らせ | この記事の固定リンク |

「埋め立て承認を撤回」裁判

■2020.07.11
木曜日は那覇まで行ってきました。裁判を傍聴するために行きましたが、抽選に外れてしまい、名護に戻ってきました。那覇往復は高速代、ガソリン代、清貧暮らしには痛い出費です。
★辺野古埋め立て問題について。
翁長前知事が「埋め立て承認を撤回」しました。防衛省・沖縄防衛局は公務員であるにも関わらず、私人の立場になりすまして行政不服審査法を利用し、埋め立て工事の管轄部署である国土交通省に、「撤回」を止めてほしい  とお願いしました。国土交通省は本来なら沖縄防衛局に対して、「君たちは公務員だからこの法律は使えない」と諭してあげれば良いのですが、受け入れました。そして、「撤回」の「行政執行を停止」させました。故に今現在、工事が行われているのです。
「埋め立て承認『撤回』の行政執行」は、「埋め立て工事の中止」です。「埋め立て承認『撤回』の執行停止」は、「埋め立て工事の継続」です。
行政不服審査法は民間人が公務員の行政執行に対して、異議があるとき利用する法律であって、公務員側が民間人・私人になりすますことはできません。ですから、本来なら裁判所は沖縄防衛局に対して、「君たちは公務員だからこの法律は使えない」と諭して、沖縄防衛局の訴えを蹴れば良いのですが、受け入れているのです。故に一昨年12月14日、埋め立て工事が始まるとき、行政法学者ら110人が、この埋め立て工事は行政不服審査法に違反した工事であり、やめるべきであると、抗議声明を出しました。
という流れがあり、今日の裁判は、「埋め立て承認撤回の執行停止を求めた」沖縄防衛局の訴えを、国土交通省が受け入れたのは間違っている、違法であるから、国土交通省は「撤回の執行停止をやめろ」という裁判。結論はまだ先です。
写真は公判前集会と公判後の集会。そして外れ抽選札。私の番号の前後は当たっていました。(中山吉人 Facebook)

 

お知らせ | この記事の固定リンク |

女性親子3世代が、辺野古新基地NOで結束

■2020.07.05 送信
昨日(金曜日)、東京の女子大生2人を琉球セメント安和桟橋、塩川港、塩川など、5時間近く案内しました。私が昨年6月、飯田市で講演会した時、最初に質問した70歳?くらいの女性がいました。「私の娘が沖縄で医者やってて、辺野古に行ってるけど知りませんか?」との問いに私は、少し前、たまたま桟橋で、那覇で医者をしてるという女性と出会い、いろいろ会話したことを思い出しました。その話を質問した女性にしたら、「娘」だということでした。講演会の少し後、1ヶ月後くらい?その親子が一緒に桟橋にやってきました。その娘さんから10日ほど前連絡があり、「大学生の娘が友だちと一緒に辺野古に行くので、案内してもらえないか」とのこと。大学生の娘というのは、飯田市で質問した女性のお孫さんになります。そして昨日、案内したわけです。
2人とも、日本が沖縄を差別している現実を理解しており、差別の現れの1つである現場を見にきたということです。孫(娘)は辺野古には行ったことあるが、桟橋は初めて由。友だちは沖縄そのものが初めて。友だちは台湾、韓国に行ったことあり、私と共通の話題で盛り上がりました。私は、母、娘、孫娘の親子3代と接しているわけですが、女性親子3世代が、辺野古新基地NOで結束し、現場に来ているということに、エネルギーをいただきました。

琉球セメント安和桟橋、ダンプ入り口

ダンプ入り口。琉球セメント安和桟橋敷地裏、海側。

桟橋裏、海側から見た、埋め立て土砂

 

お知らせ | この記事の固定リンク |

宮森小学校米軍機墜落事故

■2020.07.04
・1959年6月30日、うるま市(事故当時は石川市)で、米軍のジェット機、宮森小学校に墜落。死者17人(小学生11人、住民6人)重軽傷者210人(うち児童156人)。
火傷による後遺症で、事故の17年後、1人死亡。23才。死者合計18人。パイロットは空中で脱出。ジェット機は整備不良機を整備し直し、試験飛行中であったが、操縦不能となったため、パイロットは脱出し、無人のジェット機が宮森小学校に墜落炎上。校舎3棟、民家27棟、公民館1棟、全焼。校舎2棟、民家8棟、半焼。火だるまになった子どもたちは、水飲み場まで走って行くが、たどり着けず倒れ、焼け死んだ。毎年6月30日、追悼式が行われています。合掌。 〔中山吉人〕フェイスブックより

ホワイトビーチそばの、アメリカ海軍基地。桟橋が二ヶ所。海軍桟橋と陸軍桟橋。大きいほうが海軍。写真左側。原子力潜水艦などの寄港地。日本の非核三原則は絵に描いた餅。隣接地に海上自衛隊があり、米軍基地と一体化。米軍がイラク、アフガニスタンへ侵攻する時、軍艦はここに立ち寄り、エネルギー補給、米兵の健康チェックなど行うのが基本。

敗戦後、今から72年前、「沖縄」の食糧難を救うために、ハワイに移住していた「沖縄県」出身の移民の方たちが豚550頭を贈りました。届いた場所がここホワイトビーチ。


近くに製糖工場跡あり、その遺跡、レンガの煙突。

お知らせ | この記事の固定リンク |

辺野古新基地建設の工事

■2020年6月3日 送信

今、辺野古新基地建設の工事は中断されています。ただ、6月7日の県議選後にも再開される可能性があります。一方、コロン禍に政府・沖縄防衛局は設計変更申請を強行することで、沖縄県への圧力を強めています。そこで、「辺野古の海を土砂を埋めるな!首都圏連絡会」(通称:埋めるな!連)では、下記のように工事再開に対する取り組みを呼びかけています。ぜひ、参加協力をお願いします。転送・転載も歓迎です。
〈沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック〉

 辺野古の埋め立て工事は、コロナ禍で、4月17日からストップしています。しかし、沖縄がコロナ緊急事態を宣言した翌日の21日に、沖縄防衛局は、軟弱地盤の改良工事のための設計概要変更申請を強行しました。コロナ対策で巨額の予算が必要とされている状況で、いつ完成するかもわからない米軍基地建設に、防衛省発表で9300億円、沖縄県の試算で2〜3兆円も税金を投入することは許されません。辺野古の予算はコロナ対策に回すべきです。「辺野古の工事再開を許さない」の声を、全国から政府・防衛省へ届けましょう!
呼びかけ(1) ツイッターデモ #辺野古の工事再開を許さない
沖縄・辺野古の新基地建設工事は、コロナ禍で止まっています。工事再開を許さない声を、ハッシュタグ「#辺野古の工事再開を許さない」をつけ、あなたの言葉を添えてSNSに投稿しませんか。
🔹呼びかけ(2)  工事再開の場合、防衛省抗議&ツイッターデモ
#辺野古の工事再開に抗議します
工事が再開された場合、防衛省に抗議します。ぜひ、ご参集ください
●日時:工事再開の翌日 18:30〜19:45
●場所:防衛省正門(JR四ツ谷・市ヶ谷駅)
参加できない方は、ハッシュタグ「#辺野古の工事再開に抗議します」をつけ、あなたの言葉を添えてSNSで抗議しませんか
●呼びかけ 辺野古の海を土砂を埋めるな!首都圏連絡会
https://henokoumeruna2018.exblog.jp/

お知らせ | この記事の固定リンク |

辺野古浜通信(2020.06.02)

平和市民連絡会より、6月9日、10日の日程をいただきました。なお、工事が再開し次第、辺野古バスは再開いたします。
《緊急学習会》
●とき:2020年6月9日(火)午後6:00開場、開始:午後6:30、終了:午後8:00。
●ところ:教育福祉会館ホール(那覇市古島在)コロナ防止対策を執ります。各個人はマスクを必着してください。
●演題:「辺野古・変更申請書」の概要と問題点について
●講師:北上田毅さん(土木技師)
●資料代:300円。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
《現場確認行動》
沖縄平和市民連絡会では、抗議行動休止後の現場の状況を確認をするためのツアーを行うことにしました。当日は大型バス(定員45人)を配置することにしています。ただ、コロナ対策で定員の約半分(コロナ対策で各席に1人かけとなりますが、同一家族は2人かけ可とのこと)しか乗れません。そこで予約制にします。
●とき:6月10日(水曜日)
●出発の時間は:県民広場:00発とします。帰りは遅くとも午後5:00までには県民広場着とします。なお、その他は、何時もの「辺野古バス」の運行要領に従います。
●申し込みは、長嶺(090-2712-6486)か富里(090-1942-9009)までお願いします。なお、もし工事が再開していれば、9:00発を何時もの7:00発に切り替えます。その場合は連絡することにします。その場合は9:00発の「島ぐるみ会議」の「辺野古バス」も運行することになります。

以上

 

お知らせ | この記事の固定リンク |

自宅でできるキャンペーン

お知らせ | この記事の固定リンク |

有機フッ素化合物汚染

お知らせ | この記事の固定リンク |

福岡県北九州での講演会

■2020.03.06 iPhoneから送信
福岡県北九州にやってきました。4日、私の講演会。私はトークライブの感覚です。午前2時間、昼食挟んで午後2時間、合計4時間、話しました。今までの休憩無し3時間講演会記録を1時間更新です。手作り冊子「路上から民主主義を見つめて7」が20部完売しました。コロナの影響?で参加者は30人強でしたが、「いい話だった」「わかりやすかった」と好評でした。有難い声をいただき、感謝です。
5日の講演会は急遽中止となりました。会場近くでコロナ罹患者あり。5日午後、若いママさんたちの小グループ集まり参加。一時間半話ました。6日午後からと明日、北海道の学生を辺野古案内します。

お知らせ | この記事の固定リンク |