<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ブロッコリーの森から | 最初のページに戻る | 誕生からこれまでの歩み >>

ブロッコリーの森から

■2016.08.21 【115】
8月15日から18日まで工事は盆休をとる、と新聞報道された。沖縄では盆の行事は正月同様重要な行事だ。作業員も休みたいだろうし、工事が4日間止まるのはありがたい。せめて先祖をお迎えし(15日がウンケー)、お送りする(18日のウークイ)3日間は静寂に過ごしたいものだ。数日でも森の動植物にも静かな日となるだろうか。19日はまた工事が再開される、何とか阻止したいと早朝5時に東村の入口平良で集合、そのままメインゲートに移動し6時から集会。500名集まったという。いつものダンプ情報が入ってい来ない。違法の連続で工事を強行する防衛局も500名の集会中には手を出さなかった。

集会が終わった10時頃、ダンプが西海岸の砂利採石場を動いたという。メインゲートで、N1ゲート前での市民の激しい抵抗で昼過ぎまで砂利搬入を遅らせることが出来た。翌日も早朝6時に60名強の市民がN1ゲートに集結。集会中に車に分乗した北勝の作業員の車がゲートに入ろうとするのを皆で座り込み阻止。車両6台は一旦南下しメインゲートに入った。彼らはメインゲートで車を変え一度N1を北上し、私たちの隙をつき、徒歩でゲートから入って行った。その後我々は高江橋に移動しそこでダンプを阻止しようと11時過ぎまでがんばった。

今週は初めて作業員の車を停める、ダンプの侵入を大幅に遅らせるなど多くの市民の力の結集で成果が見られた。非暴力の抗議でも大勢の力が結集すれば工事を追い詰めることはできる、そう思えた日々であった。しかし、ダンプ3台が同時に現場に入って行くなど、内には広場も拡大され、工事もまた着々とすすんでいる。少しでも工事を押しとどめたい。高江に来て下さい。そして全国でこの非道な工事の現状を広めてください。現場での闘いと世論を結びつけ工事を止めよう。

お知らせ | この記事の固定リンク |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://soj.jugem.jp/trackback/642
この記事に対するトラックバック