<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ブッロコリーの森から | 最初のページに戻る | ブッロコリーの森から >>

ブロッコリーの森から

 ■2016.10.30 125

10月もいよいよ最後の週となった。森の伐採は進んでいるらしい。毎日砂利を積んだダンプが目の前を通り過ぎる、ゲート内に入っていく。早朝から工事音が聞こえる。年内完成など絶対させてはならないと皆必死で頑張っているが、どの現場にいても胸が塞がれるような思いだ。今週も水曜日はメインゲートで集会、集会後も砂利を積んだダンプが東村の入口近くの宮城に待機していると皆ギリギリまで座り込んだ。
夕方5時ぐらいに参加者が減った頃合いを見計らって機動隊が出てきて残っている市民を排除しダンプを入れてしまった。それでもみんなの頑張りでその日はN1ゲート内には24台で留まった。土曜日はN1ゲートでの恒例の集会後、「土人発言」の抗議集会が午後から持たれた。午後には参加者も400名に膨れ上がった。この差別発言は許せるものではない、それ以上に松井大阪知事の発言こそ酷いものだ。現場で公僕である機動隊員が差別発言をしたにも関わらず職務に邁進したと労を労った。工事現場で機動隊員・警察員と向き合ってつくづく感じるのは彼らは上からの命令に従うだけだということ。市民とは向き合わない、市民からの指摘には違法であっても取り上げない、市民に主導権を渡さない。この場を取り仕切るのは俺たち、市民は従うだけの存在だと教育されているのだろう。個々の機動隊員の心の中に何があろうとも、それは上からの命令の前では抑え込むだけ。ここで市民弾圧の訓練を十分積み、来るべき時に十分役立つ人となるように。松井氏には彼らはよくぞやったということなのだろう。
雨の多かった高江だが久々に雨に出会わなかった。久々に素晴らしい星空を眺めた。しかしこの星空も半分奪われた。ゲート前に夜間照明が設置され、手前半分は星空が見えるが、照明の向こうは星は見えない。

 

お知らせ | この記事の固定リンク |

この記事に対するコメント

管理者の承認待ちコメントです。
- | 2016/11/01 2:13 AM
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2016/10/31 6:07 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://soj.jugem.jp/trackback/654
この記事に対するトラックバック