<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ブッロコリーの森から | 最初のページに戻る | ブッロコリーの森から >>

ブッロコリーの森から

■2016.11.28  128
ヘリパッドはN1、Gについては完成に近い、Hはもう少しかかりそうな状況らしい。砂利はダンプトラック1500台分が必要と見られていたがもう既に2500台は超えた。最近は早朝3時半に砂利を積んだダンプが県道を走り住民から安眠妨害だと苦情が出ている。未明の機材搬入も常態化している。夜間工事の音も確認されている。やんばるの森は夜行性の動物も多い。彼らの生態も無視、作業員の安全も無視県民の声も無視。14・15日には再び民間ヘリを使って輸送をした。
7月から米軍の訓練はおとなしくなったが、しびれを切らしたのか、18日にはオスプレイ2機が8時過ぎから10時ぐらいまでN4とメインゲートを旋回移動しながらそれぞれの場所でホバリングを繰り返した。30分程メインゲート付近で見ていたが、最後は気分が悪くなってしまった。オスプレイが去った後はコブラ?が2機、14時ぐらいまで上空を旋回していた。
米軍が早く思う存分訓練がしたいと、日本政府を つついているのだろう。アメリカに頭を撫でてもらうために、両手で法を破り、両足で市民を踏みにじり、国家権力を動員して、日本政府は恥じることなく工事を進めてきた。
19日(土曜)の集中行動日は当初N1で集会していたが、ダンプの車列が南からやって来るとの情報で市民はメインゲートにどんどん移動して来た。時折小雨が降っていたが、ダンプを止めたいという市民の思いがどんどん押し寄せてきた。また一人の仲間が逮捕された。しかし市民の行動が止むことはない。
18日夕べ、高江共同売店前で「ピアノコンサート」が持たれた。日本には使用されないまま眠っているピアノが405万台あるそうな。眠っているピアノを目覚めさせるコンサートを行っている河野さんの演奏だった。国民は眠っていないか?弾圧の足音が聞こえないか?

お知らせ | この記事の固定リンク |

この記事に対するコメント

管理者の承認待ちコメントです。
- | 2016/12/06 7:53 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://soj.jugem.jp/trackback/658
この記事に対するトラックバック