<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ブッロコリーの森から | 最初のページに戻る | ブッロコリーの森から >>

ブッロコリーの森から

■2017年3月4日 142
今週は高江には行かなかった。3月1日辺野古のゲート前で簡単な報告を兼ねた高江関連集会がもたれた。一応3月から6月いっぱいは営巣期間として音の出る工事はしないとされている期間に入ったのでけじめの集会である。例年なら高江で開かれるが、辺野古が緊迫した状況下にあるので、辺野古の集会の中で時間を割いてもらってである。
住民の会からはヘリパッドは出来ても使わせない行動をしていきたい、辺野古の新基地が出来れば訓練が激化するのは目に見えている、辺野古新基地を造らせない闘いと連帯してがんばりましょう。また、騒音の激化で隣の国頭村に引っ越しを余儀なくされた方からは、生活を奪われた無念の思いと変わらぬヘリパッド・ノーの思いが伝えられた。
またK氏からは情報公開で得られた「高江の工事費がN1地区で1.9億円が11.6億円の6・1倍、G地区では2、1億円が11、3億円の5・4倍に膨らんだ」ことの解説。中身は警備業務、工期短縮のためにヘリコプターの資材空輸などである。
工事に詳しいO氏からはずさんな工事の中身が丁寧な写真付きで解説された。この分では来年の8月完成も怪しそうである。工費はまだまだ増額されそうである。これは全て税金から支出される。営巣期間明けの7月からはまた力を合わせて頑張りましょう。
今日の地元紙には辺野古も同様、1年9か月の間に契約を10回変更し、工事費は59、6億円から139、6億円とすでに2・3倍に膨らんでいると報道されている。本体工事はこれからなのにである。
一体米軍のためにどれだけの税金がむしゃぶり尽くされるのか。大切ところ、必要なところはいっぱいあるでしょうに。

お知らせ | この記事の固定リンク |

この記事に対するコメント

管理者の承認待ちコメントです。
- | 2017/03/09 10:52 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://soj.jugem.jp/trackback/674
この記事に対するトラックバック