<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ブッロコリーの森から | 最初のページに戻る | ブッロコリーの森から >>

ブッロコリーの森から

■2017年5月31日(水)148
 29日(月)久しぶりに高江に行った。N1裏テントを守っていた青年が今年急死された。自生のヤマユリと月桃が供えられている彼の遺影に手を合わさせてもらった。今もこの地でやんばるを見守ってくれているような優しいまなざしがこちらに向けられていた。
 今のところ工事が進められている気配はないとの事だった。高江で散々砂利を運んだトラックが今辺野古でまた砂利を運んでいる。それ以外にも新しい運送会社が参入しやりきれない思いだ。うまい汁を吸ったお礼と、来年の名護市長選に向け暗躍しないかと気がかりだ。

 高江を後にしようとしている時、よく姿を見かける場所でヤンバルクイナがヒョコヒョコと出てきてくれた。ありがとう、ラッキーと思ったが、いつもは雨上がりなどの早朝にミミズを食べに出現するクイナが12時近くの暑い時間に熱いアスファルトの上を歩いているのって、ちょっと変。森がますます住み心地が悪くなってきたのだろうか?

お知らせ | この記事の固定リンク |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://soj.jugem.jp/trackback/682
この記事に対するトラックバック