<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ブッロコリーの森から | 最初のページに戻る | 新プログラム事業について >>

ブッロコリーの森から

■2017年8月20日(日)  158
 8月17日夜から高江に行き、超早朝の行動に参加した。夜、のんびり高江でくつろいでいると、9時前にオスプレイ2機がやって来て1時間ほど飛行訓練をしていた。ヘリ音に気づき窓から外を見ると、県道を車が走っているのかと思うほどの低空飛行だった。
 早朝行動には20名程の参集があった。何とか作業員に工事を止めてもらうように基地への出入り口数か所に散り、移動しながらの行動だった。N1表の入口で止められた作業員はなんとアルソックの車2台に送られ、ゲート前で急停止して、基地内に飛び込んでいった。民間警備員であるアルソックの職員は先週は市民に暴行を働き、今回は警備の範疇を越え工事作業員と一体化する行動をとった。
 防衛局員・機動隊がいないと彼らがその代りを果たしている。11時頃には機動隊が駆けつけ、アルソックに人間壁を作らせながらダンプ14台が基地内に入って行った。芝8台・砂?4台・不明荷1台、重機1台のダンプに作業員車2台であった。機動隊員は常駐していないが高江が平穏になったわけではない。工事は進行中であり、いざとなれば違法も無法も問わず強行する姿勢は変わっていない。

お知らせ | この記事の固定リンク |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://soj.jugem.jp/trackback/697
この記事に対するトラックバック