<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 親子で沖縄の文化体験の旅!! | 最初のページに戻る | 沖縄県知事選〜現地からの通信 >>

沖縄県知事選挙〜現地からの通信

沖縄塾の塾生(UY)から、情報が送られてきますので掲載いたします。

■短信−1 (2018924)

  旅に出ると、風景、動植物も気候などが注目されますが、何と言っても一番の魅力は人です。出会った人を中心に送ります。まずは、奥間政則さんです。選挙事務所第一日目は22日ですが、朝、奥間さんがやってきました。彼とは、大分前に伊波さんと一緒に「狸」で一夕ともにしたことがありますが、今年は諏訪と横浜で会いました。

 彼を含めて辺野古からの訴えが県庁内広場でありました。彼はウチナ−ンチュの立場から、また土木技術者としての立場からマイクで一生懸命訴えていました。場所を移した新都心の街角(集会が行われた近く)でも同様でした。終わってからさらに宜野湾へ足を伸ばしています。翌23日にも宜野湾でのヘノコンチュの活動に参加されておられます。

 奥間さんが、基地反対運動やハンセン病差別の語り部になられたのは、意外と最近のことで、3年前の2015年からです。いつスタートしたかよりも、その中味が重要です。古宇利島へ架けた橋の橋脚建設の現場責任者だった経験を生かし、大浦湾の地盤の問題について、貴重な情報を専門学者らに伝え、専門家らのチームづくりに貢献されておられます。このように専門家の助力があって、はじめて大衆運動は具体的に勝利の展望を切り開けるのではないでしょうか。

 〔今朝の報道、タイムス「玉城先行」、新報「互角」〕

お知らせ | この記事の固定リンク |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://soj.jugem.jp/trackback/715
この記事に対するトラックバック