<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
信州沖縄塾について
◆設立 2004年8月
◆目標
(1)私は、沖縄の現状と歴史、文化を学びます。
(2)私は、学んだことを糧にして、信州とこの国を検証します。
(3)私は、自分の責任で行動します。

◆設立趣旨
 私たちの安全と平和は、アメリカとの協力関係によって守られていると、多くの人たちが信じています。その砦であるアメリカの軍事基地が、小さな島に集められ悲鳴をあげていても、南の島オキナワの青い空と海、ひと時の癒しを求めて訪れる非日常の地であり、日常的に表出しているオキナワの痛みや苦しみは、やはり、ローカルの他人事でしかありません。私たちにとって沖縄は、一体どのような存在なのでしょうか。そして、沖縄にとって「日本国」は、何ものだったのでしょうか。

 平和の彩度と明度は、暴力と権力を使う側からは見えないものです。支配され、奪われ、傷つけられ、涙を流した者は、暴力や争いごとの愚かさを知っています。この国の行く末が怪しくなった今だからこそ、「沖縄の丸ごとが平和研究の場所である」と、私たちは認識しています。沖縄発の出来事から、沖縄で生活している人たちの息吹から、醸成された文化と時間から、この国の今と未来を見つめ、血の通った人が生きるにふさわしい時代を見つけたいと声をあげました。

 私たちの国は今、危険な岐路に立っています。だからこそひとり一人が、自己決定によって自立する市民の「志」を高く掲げ、もう一度、この国が守るべきもの、進むべき未来、人が生きるに値する社会づくりを考え、国や思想や宗教、文化の違いを問わずに、同じ夢を持つ多くの人たちと手を取り合いながら歩き出したいと願っています。
 信州沖縄塾は、ゆったりと議論したい人が、それぞれの物差しで動き、たとえ違う意見をもっていても、互いに相手を尊重できる人ならどなたでも参加できます。ただし、あなたに次の質問だけはいたします。

 あなたは「この国」の現状に異議を唱える人ですか?
 あなたは「この国」の進路に危機感を持つ人ですか?
 あなたは連帯して「この国」を変革することに賛意を持つ人ですか?
 あなたは平和を守るために、自分ができることを探している人ですか?
                
◆入塾については目次の【入塾ご案内】を参照ください。
◆連絡先はこちらまでお問い合わせください。